不安におののきながら最善を尽くし、効果があって喜び合える

患者の不安と医者の不安とを共に乗り越えた先に医療の喜びがある

患者の苦悩はいうまでもありませんが、医者も同じことで、絶えず不安におののきながら最善を尽くしているからこそ、この喜びがあるのでしょう。今日の段階での医療は、倦むことのない科学的探求心と精一杯の人間的努力とを結びつけることによってようやく近づくことができる、たいへん困難な技術のシステムであると考えておかなくてはならないようです。

したがって患者が医者に感謝するとすれば、それは医者が万能であるからではなく、不確かさの中にあってできるだけのことをしてくれた、その誠意と努力に対してでなくてはならないでしょう。東洋医学の役割主として現代医学の文脈の中で、今日の医療の確かさ、不確かさについて考えてき漢方復興ましたが、どちらかというとその限界の方を強調した形になりました。それならそんな中途半端な西洋医学を見限って、東洋医学に期待した方がよかろうとお考えになるかも知はりれません。

実際、漢方薬や鍼治療は現在多数の患者に愛用されていて、現代医学が「もてあました」病気が東洋医学で治ったという話は決して珍しくありません。明治政府がいわば強権をもって漢方医学を抑圧したのは重大な誤まりであったと考えている人も少なくないようです。当時の後藤新平(内務省衛生局長)の「東洋医学ナルモノハ生理、理化、解剖等医学枢要ノ部分二通ゼズ。学術上ノ要素欠点多ク国民ノ生命ヲ委託スベカラズト考フ」という国会答弁や、鵬外の「日本固有の医学なるもの」は「一箇の零点」であるに対し西ポジテイフアプゾルトインテルナチオナル洋医学は「欧米の医学にあらず積極的なる絶対的なる……国際的の医学なり。


そもそも医療という営みは病気を治し、患者を助けることにどれほど寄与するかで評価されるべきものなのです。反対に、どれほど輝かしい理論、あるいは見事な動物実験に支えられていても、実際に患者に適用して有効性と安全性が確認されなければ医学的には無意味なのです。そのためには、すでに指摘したように、病気の自然史のとらえ難さ、個体のバラツキ、ニセ薬効果(心理的効果)などによるバイアスを除去するように設計された無作為化試験をくぐり抜ける必要があるのです。

ところが、東洋医学的治療の場合は鍼灸にしても漢方薬にしても、今までのところあまりそのような手続きを経ていないようで、ここに東洋医学的治療が多く行われている場面は抗生剤や外科療法の適応ではない、浮き沈みが多く自然経過の複雑な、個体の反応のバラツキの多い、そして心理的影響を受けやすい慢性病の分野なのですから、よほど評価の仕組みをガッシリと組み立ててかからないと、その効用を買いかぶり、贔屓の引き倒しになりやすいでしょう。

What's New
2013/05/15 注目情報を更新しました。
2013/05/11 新着記事を更新しました。
2013/05/10 東洋医学の科学化を更新しました。
2013/05/07 血液の生化学的変化を更新しました。
2013/05/05 風雪に耐えた伝統を更新しました。
2013/05/03 今日治せない病気を更新しました。
2013/05/02 患者の不安と医者の不安とを共に乗り越えた先に医療の喜びがあるを更新しました。
2013/04/29 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
看護師の求人・転職・募集情報なら【看護師プロ】マイナビ看護師看護roo!(カンゴルー)転職サポート
看護師求人情報の提供や、専属カウンセラーによる転職サポートなどを受けられるサイトです。全国の看護師求人情報を検索できます。登録すると、専門のキャリアコンサルタントが求職活動をサポート。首都圏、関西、東海の厳選された病院のみの看護師求人サイトです。